パート 即日融資

パートの人が即日融資を利用するための条件について

 

パートで働いている人でも即日融資を受けることは可能です。そのための条件として挙げられるのは、

  • パートで安定した収入がある。つまり定期的にパートのシフトに入っている。
  • 即日融資に対応した業者を選ぶ
  • 即日融資が可能な日を選ぶ

というものが主なものとなっています。即日融資を受けるためには、そもそもこうしたサービスに対応しており、すぐに利用可能な業者であるということが大前提です。そのため、低金利で利用できるけれど審査に時間がかかって翌日以降の融資になる業者については候補から外れることになります。

 

また、即日融資を申し込む日も重要な条件です。即日融資の条件が広い所以外では、

  • 平日である事
  • 遅くても正午までにWEB契約を完了していること
  • 指定の銀行口座を持っていること

が条件になってきたりします。これが以下のカードローンであると可能性は広がってきますし、審査も銀行保証会社をしているのでしっかりしてくれます。

パートが即日融資を目指すならこちらのカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

  • 平日以外でも自動契約機があるので即日カード発行で即日融資も大丈夫です。
  • 全国銀行データ通信システム(全銀システム)の稼働時間拡大により契約を完了すれば即日振込が可能な口座が増えています。
  • 手持ちの口座に振込みが可能です。
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座であれば24時間365日振込みが可能です。詳しくはHPの瞬フリサービスで。
  • 初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)がある。
  • レディースキャッシングも用意されているのでパートの女性に優しい。
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

  • 平日以外でも自動契約機『むじんくん』があるので即日カード発行で即日融資も大丈夫です。
  • 全国銀行データ通信システム(全銀システム)の稼働時間拡大により契約を完了すれば即日振込が可能な口座が増えています。
  • 手持ちの口座に振込みが可能です。
  • 楽天銀行口座であれば24時間365日振込みが可能です。(メンテナンス時間を除く)
  • 最大30日金利ゼロサービスがある。
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

パートやアルバイトでも安定収入があればお金を借りることができます

お金を借りるにあたって、気になるのはやはり自身の職業です。

 

 

正社員でなければやはり借りることができないのではないか?


そう考える人もいることでしょう。しかしご安心ください。

 

 

消費者金融であればパートやアルバイトでも安定収入があればお金を借りることができます。


大手消費者金融であれば無利息サービスもありますので、利息も少なくなりパート収入でお金を借りるのにも最適です。

パートでもお金を借りることのできる安定収入とは?

そもそも現在は超がつくほどの不況ですので、収入を得るための方法は必ずしも正社員とは限らないものです。また、結婚して家庭に入った主婦の人でもパートなどで収入を得ている人も決して珍しくはありません。こうした人達のニーズに対応することを目的として、消費者金融業者の多くはパートやアルバイトであってもお金を借りることが可能となっています。

 

正社員に比べるとパートやアルバイトで働いている人というのはトータル的な年収が少ないという特徴があります。そのため、実際にお金を借りる際にもこうした点を心配して借りることができないのではないかと思われるかもしれませんが、この点についても特に心配する必要はありません。消費者金融業者が融資を行ううえで重視することは、

 

 

「返済できるかどうか」という点になります。


返済能力を測るうえで職業や年収といった要素も確かに関係はしてくるのですが、年収の金額よりも「毎月一定の収入が安定してあるかどうか」ということのほうが重要なポイントとなるのです。お金を借りるというだけであれば特に高額の所得は必要ないと考えることもできます。こうした理由から、例えば日雇いなどのように短期バイトの場合は消費者金融であってもお金を借りることが難しい可能性も少なからずありますが、

 

 

長期的に働いている人であれば特に問題なくお金を借りることができるでしょう。更に言えばパートに定期的に入り一定金額以上収入があれば申込可能なのです。


とはいえ、正社員に比べると収入が少ないというのは事実ですので、あまり高額の借入を申し込まないように注意が必要です。その点についても消費者金融業者側で一定の配慮をしてくれる場合が多いのですが、「無理なく返済できる範囲」でお金を借りるようにすると良いでしょう。

パートの人が即日融資できない場合とは?

たとえばパートの人がお金を借りるにあたり、その選択肢として考えることの多い銀行ですが、最近では

 

 

即日融資に対応したカードローンが利用できるところが増加してきました。


しかし、銀行の場合は土曜日や日曜日は休業日ですので申し込みをしたとしても即日融資を受けることはできません。

 

パートの人の場合は、逆に土曜日や日曜日は仕事をしている日になっているケースもあるかもしれませんので土日に即日融資が受けられないことはそれほど大きなデメリットにはならないかもしれませんが、

 

 

日によって即日融資が不可能な日がある


ということは頭に入れておくと良いでしょう。また、即日融資を受けるということはその日のうちに審査手続きがすべて完了しているということでもあります。審査で行われる項目には様々なものがありますが、そのひとつに在籍確認というものがあります。

 

業者によっては書類を提出することで在籍確認が可能なところもありますが、この在籍確認の方法としては原則として勤務先への電話連絡で行われる場合がほとんどです。そのため、勤務先が休日の場合には業者が電話をかけても確認することができず、即日融資を利用することができない可能性もあります。

 

このように、パートの借入で即日融資を受けるためには申し込む日程についてもしっかりと考えておくことが重要といえるでしょう。こうした条件を頭に入れて申し込む業者を選ぶようにしましょう。

パートの人がお金を借りる場合にはどこに気をつけるべきか?

パートの人がお金を借りるうえで注意すべき点としては、やはりどれだけ収入があり、どれだけ返済に回すことができるか、という点にあります。パートで収入を得ている人というのは、どうしても正社員で働いている人に比べると収入が決して多くはないのが現状です。

 

また、そもそもパートで収入を得るための目的としては生活費の補助的な役割である場合がほとんどなので、その意味でも返済できる金額のバランスについてはよく考える必要があります。たとえばアルバイトやパートの人の場合、どれぐらいの金額であれば問題ないといえるでしょうか。

 

 

現在の日本には、総量規制という法律がありこの法律では年収の3分の1を超える金額を借りることはできないとされています。ただし、それは消費者金融の場合で銀行の展開するカードローンを利用する場合であれば総量規制の対象外となりますので、事実上年収による制限はなくなります。

 

もっともパートの場合となると年収の3分の1まで借りてしまうとこれはもう借りすぎです。パートで得た収入は生活費の一部であるという場合がほとんどであることを考えると、そこまで借入を受けてしまうと収入のほぼすべてを返済に充てなければならなくなり、たちまち必要な分が減ってしまうからです。

 

 

そう考えると、お金を借りる場合の金額としては多くても年収の10分の1程度にとどめておいた方が良いでしょう。たとえば年収が100万円であれば10万円まで、といった具合です。

 

多くの業者は1万円単位で融資を行っていますので金額については微調整が可能です。同時に考えておきたいのが、「毎月いくら返済できるのか」「いつまでに完済するのか」という点です。

 

毎月のパートの収入の中からどれだけ返済に充てることができるのかということを決めておくと、同時に借りることができる金額についても決めやすくなるからです。こうした点については、パートで収入を得ている人に限らずお金を借りる場合には少なからず考えておきたいところではありますが、パートの人の場合には特に重要となってくるといえるでしょう。

主婦のパートでお金を借りる時も少なければ関係する配偶者貸付の背景について

消費者金融業界において最も厳しい規制であったのが総量規制です。これは年収の三分の一以上は原則的に貸せないという規制であり、事実上、消費者金融から借りれなくなった人がとても増えたわけです。しかし、この総量規制にも例外があります。

 

それが配偶者貸付という制度であり、正確にいいますと

 

 

配偶者の年収とを合算した年収の三分の一以下であれば可能という貸付です。


これは逆に捉えれば、本人に収入がなくても配偶者に収入があれば貸付ができるということでもあるわけです。特にその対象となるのは専業主婦であり事実上、こうした主婦達の為の制度といっても間違いではありません。

専業主婦でも利便性の低い配偶者貸付の手続と現実

但し、いくつかの借り入れの際の条件があります。まずは当然ですが配偶者の同意が必要になります。書類として同意書を求められることになります。更には「この人と結婚しています」という口頭で言えばよいわけではなく、

 

 

配偶者貸付に必要な書類って・・・


配偶者と婚姻関係を示す書類などが必要になります。具体的にいいますと住民票や戸籍の写しなどになります。加えて、50万円を超える場合の借り入れの際には収入証明も必要になってきます。

 

 

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本)
  • 配偶者の年収を証明する書類(一定金額以上の場合)

このようにかなり大変な手続きになるわけですが、それでも収入のない専業主婦にとっては在り難い貸付でもあるわけです。しかし、法律上はこれで貸付が可能になるわけですが現実問題として二の足を踏む消費者金融が多く取扱わない業者がほとんどです。

 

何故なら対象となる貸手が収入のない専業主婦であるからです。それでも取扱う業者が全くないわけではありません。但し、知名度のない小規模の貸金業者に申込む事になるので安心して借りる気分にはなれない現実があります。

銀行カードローンは専業主婦が融資を受けれる最善の選択肢

尚、配偶者貸付というのは貸金業法が適用される消費者金融や信販系のキャッシングの話であって銀行法が適用される銀行の貸付には全く関係のない話です。その銀行法には総量規制のような制度がない為、総量規制の例外である配偶者貸付なる取扱いもありません。

 

 

銀行のカードローンは専業主婦でも借りれるのかなぁ・・・


ですが、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも利用可能なカードローンを取扱う銀行は多数あります。

 

 

銀行カードローンによっては配偶者に内緒で融資を受けることもできます!


また、利用限度額や金利、申込み条件などは各銀行によって多少の違いがあります。例えば、申込み条件で配偶者の収入証明書の提出を必要とする銀行カードローンもあれば、提出不要な銀行カードローンもあります。

 

なので専業主婦でも旦那に内緒で融資を受けれる可能性はあるのです。そのような旦那に内緒で融資を受けたい専業主婦は配偶者の同意書や収入証明を必要としない専業主婦の利用限度額が少額の銀行カードローンに申込むのがポイントです。

銀行カードローンは専業主婦もパート主婦も申込みにくい状況になりました

パートをしているということは主婦ということですので、主婦がお金を借りるのは銀行カードローンでは申込みにくい状況になっています。最近銀行カードローンのCMが減っているのは気付いてますか?

 

銀行カードローンには総量規制はありませんが、そのことが原因で総量規制施行以降に銀行カードローンがかつての消費者金融と同じように貸し出し、貸付残高を伸ばした結果自己破産者が増加してしまったのです。

 

その結果金融庁もこれを看過するわけには行かず、前回貸金業法の改正のような規制をかけて行かなければならなくなり、全銀行へ指導や意見高価の結果以下の施策を執行することとなりました。

 

 

  • 自身に収入のない専業主婦の申込を自粛
  • おまとめ・借り換えなどの更なる借入助長商品の自粛
  • 他社借入状況の把握などの義務付けと審査基準引き上げ
  • 即日融資は審査過程で反社会勢力審査を組み事によって不可能化

これにより、収入のない専業主婦や安定収入ではないパート主婦では銀行カードローンに申込む事は不可能になりました。

 

 

安定収入のあるパート主婦についても今までは審査にも通っていましたが、”審査基準引き上げ”によりかなり厳しい状況になってしまいました。これは一説では貸金業者の総量規制の基準よりも厳しいものになっているとの説が大半です。

 

ですいのでパート主婦は大手消費者金融に申し込むのが賢明です。

専業主婦や安定収入のないパートの方が消費者金融でお金を借りることができない理由とは?

専業主婦が借入を受けることができるのは、現在のところ銀行カードローンが最も確実な方法とされています。では消費者金融やクレジットカードのカードローンでは借入を受けることができないのかといえば、結論からいくと借入不可能な場合がほとんどです。

 

これは、それぞれの消費者金融業者で設定されている利用条件が関係してくるのですが、たとえばアコムやプロミスといった大手の消費者金融の場合、融資対象となっているのは『毎月安定した収入を得ている人『となっています。つまり、

 

 

収入がない専業主婦は消費者金融で借入を受けることができない


ということなのですが、ではなぜ消費者金融の利用ができないのでしょうか。その根拠のひとつが総量規制という法律です。お金を借りるにあたり、総量規制という法律は必ずといって良いほど関係してくる法律ですが、これは

 

 

消費者金融でお金を借りるにあたり年収の3分の1を上限として融資を利用できるという既定です。


そのため、年収が0円の専業主婦の場合は消費者金融で借入を受けることは不可能ということですが、この総量規制が適用されるのは貸金業法で規制を受ける融資の場合です。

 

銀行は融資を行うにあたり貸金業法ではなく銀行法という法律で規制を受けていますので、総量規制の制約を受けることもなく、そのため専業主婦であっても借入を受けることが可能でした。しかし、

 

 

自己破産者の増加により、与信の全くない専業主婦の申し込みは銀行カードローンでもできなくなりましたので、専業主婦が借入できるところはありません。


なぜ消費者金融で専業主婦は借入できない?

 

総量規制の目的のひとつは『多重債務者の救済『にあります。


借入を受ける金額に一定の制限を設けることで、返済が困難になってしまう人を減らすことが総量規制の目的といえるのですが、その結果専業主婦のように年収がない人が消費者金融を利用して借入を受けることができない状態を作り出しているともいえます。

 

もちろんこれについては賛否両論あり、専業主婦といえど消費者金融を利用できるようにしてほしいとの要望は確かにあるものの、総量規制が作られた背景を考えれば現状が覆る可能性は低いかもしれません。

 

いずれにしても、専業主婦がお金を借りるためには消費者金融ではなく銀行という選択肢が確実といえるでしょう。

パートでお金を借りた主婦の体験談

金利の低いカードローンでも許せません

 

私は小さな積み重ねで普段500円玉貯金をしていて貯めるのを楽しみにしていました。貯金箱の大きさはそこまで大きく無かったのですが、ある日どのくらい貯まっているか確認しようと思って開けて数えると明らかに入れていた金額より少なかったのです。

 

一人暮らしをしていたのですが、普段友人が遊びにくることもなくすぐに誰の仕業か予想がついてしまいました。それが当時お付き合いしていた男性です。証拠が無かったし疑いたくない気持ちでいっぱいでしたが、どうしても確かめたくて前もって金額をしっかり数えて彼氏が帰った後に、また数えてみることにしました。そしたら予想通り減っていました。

 

それが分かった時点で気持ちは冷めて早く別れたいと思い別れを切りだしましたが、お金についてはあえてふれませんでした。普段はとても優しくて尊敬できる人だったため、あまりにも衝撃的で怖くなってしまったからです。

 

もう以前みたく信じることはできないし修復はどんな形であれ無理だと感じました。後に知ったことですが金利の低いカードローンを利用していてその返済に充ていたようです。それでもやはり許せません。


高校の同窓会に行くためにお金を借りました

 

高校の同窓会の通知が来て、嬉しい半面で、気苦労もはじまりました。というのも、前回の同窓会のとき、みんなブランド物のバッグなのに、私だけ持っていませんでした。

 

ブランド物は欲しいけど、旦那が派遣で給料が安くて、高価な品を買う余裕はありません。私だけブランドの話題についていけなくて、早く別の話題に移れと、そればかり念じていました。

 

そういう悔しい思いがあったので、同窓会に行くのをやめようかと思いましたが、ブランド物持ってないから恥ずかしくて来れないのかと思われるのもしゃくだし、高校時代に戻っておしゃべりしたいし、行くことにしました。

 

でもやっぱりブランド物は必要なので、買うことにしましたが、生活費はギリギリなので、専業主婦のキャッシングでお金を借りることにしました。


留学の費用にセブン銀行のカードローンを利用

 

私は、高校生に時にカナダの方に短期留学をさせてもらっていました。1度海外での生活をしたくて、親にお願いをして海外で暮らしてみる事にしました。

 

海外では、1カ月過ごしたのですが、もちろん海外で暮らしていくのにも、行くにも費用はたくさんかかってしまいました。だから、お父さんやお母さんにはかなり負担をかけてしまったなと感じています。

 

今話をしていたら、海外を行かせるために、セブン銀行カードローンなどを利用したという話も聞きました。そんな事は知らなかったので、すごく親に迷惑をかけてしまっていたんだなと感じました。でも、海外の暮らしを経験できた事は私にとってすごくプラスになりました。

 

留学をした事はいい思い出となり、両親にすごく感謝をしているのです。両親には、これからいっぱい親孝行をしていけるようになれたらいいなと思います。両親がしてくれた事には、すごく感謝をいっぱいしています。私ができる事は、これからやっていけるようになれたらいいのかなと思います。


page top