主婦がどうしても返済ができない時は?

主婦がどうしても返済ができない時は?

 

返済するためにお金を借りるのは間違い

主婦にとってキャッシングは上手に活用すれば便利なものです。お金が足りない時に備えて契約しておくと、もしもの時にお金のサポートを受けることができるのですが、借りたお金というものは必ず返済しなければなりません。

 

 

積み重なる出費で返済できなくなってきたんだけど・・・


とはいえ、リストラに遭ってしまい収入が激減したり、あるいは病気で働けなくなってしまったり、とどうしても返済できなくなるといったケースもあります。勿論、借入をしたものに対して踏み倒すこと前提で借りることは論外ですし、

 

 

返済できないお金を更なる借金で返済するのは間違いです!


主婦だからといって返済しなくても良いというわけでもありません。が、中にはどうしても返済ができないといった場合もありますので、こうした返済できなくなった場合について考えてみましょう。

主婦の債務整理は可能?

 

どうしても返済できなくなった場合の最終手段ともいえるのが債務整理です。これは借入を受けた分に対して減額したりすることができるものであり、場合によっては返済しなくても良くなるというケースもあります。この債務整理には

 

 

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 自己破産
  • 個人再生

といった4つの方法があり、この中でも任意整理は多くの人が利用している方法です。任意整理は弁護士などの代理人に相談してキャッシング業者と交渉するもので、その結果借入を受けている金額の減額や返済方法の見なおしなどが可能です。

債務整理するメリットとデメリット

自分で交渉をするわけではないので、代理人である弁護士に支払う手数料などが発生しますが、それでも交渉をはじめとする手続きはすべて代理人に任せることができます。借金そのものが全く無くなるわけではありませんが、

 

 

主婦でも債務整理できるのかしら・・・


減額できる可能性がありますので返済が楽になるといったメリットがあり、勿論

 

 

主婦であっても利用することができる仕組みですが・・・


但し、この任意整理を行った場合は事故情報が個人信用情報機関に登録されますので新規にクレジットカードを作ったりといったことができなくなります。その為、どうしても返済ができない場合のまさしく最終手段として考えておきたいところです。

page top