主婦がカードローンの審査に通らない理由

主婦がカードローンの審査に通らない理由

 

主婦の人でも毎月安定した収入を得ていれば、カードローンを利用してお金を借りることができます。しかし、審査に申し込んだものの融資を受けられなかったという結果になる場合があります。

 

 

主婦でも融資してもらえるのかなぁ・・・


勿論、専業主婦のように安定した収入を得ていない人の場合は審査ではかなり評価が低くなりますが、パートやアルバイトで収入を得ている主婦が審査に通らなかった場合、その場合の理由について考えてみましょう。

借入件数による審査落ちについて

まず、ひとつめに多い理由として他社からの借入件数が多いというものです。ここでポイントとなるのは、借入金額ではなく既存の借入件数が多いことが評価では低くなるという点です。

 

例えば、1社から30万円の融資を受けている場合と3社から30万円の融資を受けている場合とでは、

 

 

同じ金額の融資を受けている場合であっても後者の方が評価が低くなります。


1社あたりの利用可能額が少なくなる場合というのは、それぞれの業者からは信用度が低いと判断されていると考えられる為です。

クレカや携帯料金の滞納による審査落ちについて

 

次に考えられる理由としては、クレジットカードや携帯電話料金の支払いを滞納したことがある場合です。クレジットカードの利用状況というものは、カードローンの利用と同じく個人信用情報機関に登録されますので、

 

 

もしも延滞などがあればこの点についても審査では評価が低くなります。


主婦の場合は、インターネットショッピングなどでクレジットカードを利用する人も多いかもしれませんが、カードを利用した際には必ず支払日を守るように注意しましょう。

複数の申込みによる審査落ちについて

この他、短期間のうちに複数のカードローン業者に何度も申込をしているという、申込ブラック状態になっているケースもあります。このような場合はどう頑張っても審査に通ることは難しいので、

 

 

ある程度の期間をあけてから申込まなければなりません。


主婦も安定した収入があればカードローンを利用することはできますが、審査に通らなかった場合にはこうした理由について観直してみると良いかもしれません。

page top