主婦が目標とすべき借入金額

主婦が目標とすべき借入金額

 

主婦がキャッシングを利用するにあたって、いくら借入を受けるかということはその後の返済を考えるととても重要なポイントです。消費者金融をはじめとするキャッシング業者では主婦を対象とした場合に融資を実行できる限度額を社内で規定しているケースもあります。

 

それによると主婦の場合は

 

 

  • 平均すると10万円前後
  • 限度額としては30万円

というのが相場とされています。つまり、ここまでの金額であれば主婦であっても融資を受けることができるということになります。では実際には、どこまでの金額を借入として利用すべきかということを考えてみましょう。

限度額いっぱいの融資は厳しい?

上記の金額はあくまでも平均的な上限ですが、主婦の場合は必ずしも限度額まで融資を受けるべきではないと考えます。消費者金融で融資を受ける場合、総量規制の影響から年収の3分の1までが融資可能な上限金額となっています。

 

 

年収の3分の1だと限度額にも届かないかも・・・


主婦を対象としたキャッシングの場合はそれからさらに低い金額が上限となっている場合がほとんどです。パートやアルバイトで収入を得ている主婦の場合、年収の金額についても正社員に比べるとやや少なめではありますが、こうした背景も考えると

 

 

融資可能な限度額いっぱいまでは借りない方が賢明です。


返済を考えた妥当な借入金額は?

 

そのため、主婦がキャッシングとして利用する金額については限度額の半額を目標としたいところです。例えば、年収が100万円の主婦の場合、総量規制が適用されれば融資可能な金額はおよそ30万円ですが、実際に融資を受ける金額はその半額の15万円と考えます。

 

 

借り過ぎて返済できなくなると最悪だしなぁ・・・


法律的にはもちろんのこと、カードローン業者の規定でもおそらくもっと多くの融資が可能ではありますが、主婦の人の収入における現状やその後の返済のことなどを考えればあまり高額の融資を受けるべきではありません。

 

 

特に家族にばれないように利用したいのであれば返済は確実に進めなければなりません


ので、少しでも返済しやすい範囲で借入を受けることは大切なことといえます。

page top