銀行カードローンであっても専業主婦が融資を受けられない場合

銀行カードローンであっても専業主婦が融資を受けられない場合

 

個人的な収入を得ていない専業主婦の場合、融資を受けることができる選択肢となるのは、事実上銀行カードローンのみとなります。消費者金融などのカードローンの場合は、総量規制の関係から年収の3分の1が融資可能な上限金額となっており、

 

 

年収を得ていない専業主婦の場合は融資可能な金額も0円となります。


そのため、消費者金融の多くは専業主婦を融資可能な対象外としており、このことから銀行カードローン以外では融資を受けることができません。但し、銀行カードローンであれば問題なくお金を借りることができるかといえば必ずしもそうとは限りません。

専業主婦への融資のリスク

銀行カードローンにとっても、個人的な収入を得ていない専業主婦に対して融資を行うことはリスクが決して低くはないためです。専業主婦が銀行カードローンでお金を借りることができるのは、配偶者の収入をもとにして返済能力を判断しているためであり、

 

 

審査の結果融資ができない場合も十分考えられます。


審査に通らない要因として最もよくあるパターンとなるのが、配偶者が既に他社から借入を受けており、その借入状況が問題視されるケースです。銀行カードローン以外から融資を受けていることそのものは審査で評価を落とすことにはつながりませんが、

 

 

その借入残高が高額である場合や返済状況において滞納等があった場合は話が別です。


返済能力と融資希望金額

 

専業主婦に融資を行う場合というのは、配偶者の返済能力が重要となってきますので、その配偶者の返済能力に問題があるようであれば当然ながら審査には通りません。また、融資を希望する金額が高額である場合も審査には通らない要因となります。この場合は、

 

 

  • 融資可能な金額を提案してもらえる場合
  • 審査そのものに通らない場合

とに分かれます。配偶者の返済能力など総合的に状況を確認した結果、融資をしても問題ないと銀行側が判断できれば融資を受けることができます。専業主婦の場合はどうしても本人に収入がないことから融資を受けれるハードルも決して低いものではないのです。

page top